다국어성경 HolyBible


성경 | 찬송가 | 일독성경 | 중국어성경 Simplified / Traditional | 아제르성경  
 
변경  개역개정 | 개역한글 | 공동번역 | 새번역 | 현대인의성경 | 新共同譯 | NIV | KJV | NASB | 新改譯 | 口語譯
대역  개역개정 | 개역한글 | 공동번역 | 새번역 | 현대인의성경 | 新共同譯 | NIV | KJV | NASB | 新改譯 | 口語譯
  작게   [font 9pt]   크게   
365 일독성경 1월 16일 (2)

 

마태복음 11:25-12:21

수고하고 무거운 짐 진 자들을 안식으로 초대하신 예수님은 안식일의 주인으로서 율법의 근본 정신인 자비를 강조하셨다. 이에 바리새인들은 예수님을 죽이려고 의논하였다.
 
  안식으로의 초대(11:25-11:30)    
 
  1. そのとき イエス は 聲をあげて 言われた, 「天地の 主なる 父よ. あなたをほめたたえます. これらの 事を 知惠のある 者や 賢い 者に 隱して, 幼な 子にあらわしてくださいました.
  2. 父よ, これはまことにみこころにかなった 事でした.
  3. すべての 事は 父からわたしに 任せられています. そして, 子を 知る 者は 父のほかにはなく, 父を 知る 者は, 子と, 父をあらわそうとして 子が 選んだ 者とのほかに, だれもありません.
  4. すべて 重荷を 負うて 苦勞している 者は, わたしのもとにきなさい. あなたがたを 休ませてあげよう.
  5. わたしは 柔和で 心のへりくだった 者であるから, わたしのくびきを 負うて, わたしに 學びなさい. そうすれば, あなたがたの 魂に 休みが 與えられるであろう.
  1. わたしのくびきは 負いやすく, わたしの 荷は 輕いからである 」.
 
  안식일의 주인(12:1-12:21)    
 
  1. そのころ, ある 安息日に, イエス は 麥畑の 中を 通られた. すると 弟子たちは, 空腹であったので, 穗を 摘んで 食べはじめた.
  2. パリサイ 人たちがこれを 見て, イエス に 言った, 「ごらんなさい, あなたの 弟子たちが, 安息日にしてはならないことをしています 」.
  3. そこで イエス は 彼らに 言われた, 「あなたがたは, ダビデ とその 供の 者たちとが 飢えたとき, ダビデ が 何をしたか 讀んだことがないのか.
  4. すなわち, 神の 家にはいって, 祭司たちのほか, 自分も 供の 者たちも 食べてはならぬ 供えの パン を 食べたのである.
  5. また, 安息日に 宮仕えをしている 祭司たちは 安息日を 破っても 罪にはならないことを, 律法で 讀んだことがないのか.
  1. あなたがたに 言っておく. 宮よりも 大いなる 者がここにいる.
  2. 『わたしが 好むのは, あわれみであって, いけにえではない 』とはどういう 意味か 知っていたなら, あなたがたは 罪のない 者をとがめなかったであろう.
  3. 人の 子は 安息日の 主である 」.
  4. イエス はそこを 去って, 彼らの 會堂にはいられた.
  5. すると, そのとき, 片手のなえた 人がいた. 人¿は イエス を 訴えようと 思って, 「安息日に 人をいやしても, さしつかえないか 」と 尋ねた.
  1. イエス は 彼らに 言われた, 「あなたがたのうちに, 一匹の 羊を 持っている 人があるとして, もしそれが 安息日に 穴に 落ちこんだなら, 手をかけて 引き 上げてやらないだろうか.
  2. 人は 羊よりも, はるかにすぐれているではないか. だから, 安息日に 良いことをするのは, 正しいことである 」.
  3. そして イエス はその 人に, 「手を 伸ばしなさい 」と 言われた. そこで 手を 伸ばすと, ほかの 手のように 良くなった.
  4. パリサイ 人たちは 出て 行って, なんとかして イエス を 殺そうと 相談した.
  5. イエス はこれを 知って, そこを 去って 行かれた. ところが 多くの 人¿がついてきたので, 彼らを 皆いやし,
  1. そして 自分のことを 人¿にあらわさないようにと, 彼らを 戒められた.
  2. これは 預言者 イザヤ の 言った 言葉が, 成就するためである,
  3. 「見よ, わたしが 選んだ 僕, わたしの 心にかなう, 愛する 者. わたしは 彼にわたしの を 授け, そして 彼は 正義を 異邦人に 宣べ 傳えるであろう.
  4. 彼は 爭わず, 叫ばず, またその 聲を 大路で 聞く 者はない.
  5. 彼が 正義に 勝ちを 得させる 時まで, いためられた 葦を 折ることがなく, 煙っている 燈心を 消すこともない.
  1. 異邦人は 彼の 名に 望みを 置くであろう 」.
 
  들레지도( 12:19)  시끄럽게 소리치지도  

  - 1월 16일 목록 -- 창세기 -- 마태복음 -- 시편 -- 설교 -- 예화 -  


장   대역


본 사이트에 사용한 「성경전서 개역개정판」/「성경전서 개역한글판」/「공동번역성서 개정판」/「성경전서 새번역」의
저작권은 재단법인 대한성서공회 소유이며, (사)순복음실업인선교연합회 IT선교회 간 약정에 의해
재단법인 대한성서공회 의 허락을 받고 사용하였음.

당 사이트에서 사용하는 컨텐츠에 대한 저작권을 가진 기관의 요청에 따라
모바일앱에서 당 사이트로의 어떤 형태의 연동/연결도 금지합니다..
양해 부탁 드립니다.

<서비스 문의: holybible.orkr@gmail.com >