다국어성경 HolyBible

성경 | 찬송가 | 일독성경 | 중국어성경 Simplified / Traditional | 아제르성경  
 
변경  개역개정 | 개역한글 | 공동번역 | 새번역 | 현대인의성경 | 新共同譯 | NIV | KJV | NASB | 新改譯 | 口語譯
대역  개역개정 | 개역한글 | 공동번역 | 새번역 | 현대인의성경 | 新共同譯 | NIV | KJV | NASB | 新改譯 | 口語譯
  작게   [font 9pt]   크게   
365 일독성경 7월 17일 (2)

 

로마서 4:1-4:12

바울은 아브라함이 의롭다함을 받은 것은 그의 신실한 믿음 때문이며, 행위나 할례로는 결코 의를 얻을 수 없음을 논증하였다.
 
  아브라함의 믿음(4:1-4:12)    
 
  1. それでは, 肉によるわたしたちの 先祖 アブラハム の 場合については, なんと 言ったらよいか.
  2. もし アブラハム が, その 行いによって 義とされたのであれば, 彼は 誇ることができよう. しかし, 神のみまえでは, できない.
  3. なぜなら, 聖書はなんと 言っているか, 「アブラハム は 神を 信じた. それによって, 彼は 義と 認められた 」とある.
  4. いったい, ¿く 人に 對する 報酬は, 恩惠としてではなく, 當然の 支拂いとして 認められる.
  5. しかし, ¿きはなくても, 不信心な 者を 義とするかたを 信じる 人は, その 信仰が 義と 認められるのである.
  1. ダビデ もまた, 行いがなくても 神に 義と 認められた 人の 幸福について, 次のように 言っている,
  2. 「不法をゆるされ, 罪をおおわれた 人たちは, /さいわいである.
  3. 罪を 主に 認められない 人は, さいわいである 」.
  4. さて, この 幸福は, 割禮の 者だけが 受けるのか. それとも, 無割禮の 者にも 及ぶのか. わたしたちは 言う, 「アブラハム には, その 信仰が 義と 認められた 」のである.
  5. それでは, どういう 場合にそう 認められたのか. 割禮を 受けてからか, それとも 受ける 前か. 割禮を 受けてからではなく, 無割禮の 時であった.
  1. そして, アブラハム は 割禮というしるしを 受けたが, それは, 無割禮のままで 信仰によって 受けた 義の 證印であって, 彼が, 無割禮のままで 信じて 義とされるに 至るすべての 人の 父となり,
  2. かつ, 割禮の 者の 父となるためなのである. 割禮の 者というのは, 割禮を 受けた 者ばかりではなく, われらの 父 アブラハム が 無割禮の 時に 持っていた 信仰の 足跡を 踏む 人¿をもさすのである.
 

  - 7월 17일 목록 -- 역대상 -- 로마서 -- 시편 -- 설교 -- 예화 -  


장   대역
본 사이트에 사용한 「성경전서 개역개정판」/「성경전서 개역한글판」/「공동번역성서 개정판」/「성경전서 새번역」의
저작권은 재단법인 대한성서공회 소유이며, (사)순복음실업인선교연합회 IT선교회 간 약정에 의해
재단법인 대한성서공회 의 허락을 받고 사용하였음.

당 사이트에서 사용하는 컨텐츠에 대한 저작권을 가진 기관의 요청에 따라
모바일앱에서 당 사이트로의 어떤 형태의 연동/연결도 금지합니다.
양해 부탁 드립니다.

<서비스 문의: holybible.orkr@gmail.com >