다국어성경 HolyBible

성경 | 찬송가 | 일독성경 | 중국어성경 Simplified / Traditional | 아제르성경  
 
변경  개역개정 | 개역한글 | 공동번역 | 새번역 | 현대인의성경 | 新共同譯 | NIV | KJV | NASB | 新改譯 | 口語譯
대역  개역개정 | 개역한글 | 공동번역 | 새번역 | 현대인의성경 | 新共同譯 | NIV | KJV | NASB | 新改譯 | 口語譯
  
   
  이전  1  . . . 24  25  26  27  28  29  30  31   다음  
  작게   [font9]   크게  
箴言 30장 [口語譯]   
 
  1. マッサ の 人 ヤケ の 子 アグル の 言葉. その 人は イテエル に 向かって 言った, すなわち イテエル と, ウカル とに 向かって 言った,
  2. わたしは 確かに 人よりも 愚かであり, わたしには 人の 悟りがない.
  3. わたしはまだ 知惠をならうことができず, また, 聖なる 者を 悟ることもできない.
  4. 天にのぼったり, 下ったりしたのはだれか, 風をこぶしの 中に 集めたのはだれか, 水を 着物に 包んだのはだれか, 地のすべての 限界を 定めた 者はだれか, その 名は 何か, その 子の 名は 何か, あなたは 確かにそれを 知っている.
  5. 神の 言葉はみな 眞實である, 神は 彼に 寄り 賴む 者の 盾である.
 
 
  1. その 言葉に 付け 加えてはならない, 彼があなたを 責め, あなたを 僞り 者とされないためだ.
  2. わたしは 二つのことをあなたに 求めます, わたしの 死なないうちに, これをかなえてください.
  3. うそ, 僞りをわたしから 遠ざけ, 貧しくもなく, また 富みもせず, ただなくてならぬ 食物でわたしを 養ってください.
  4. 飽き 足りて, あなたを 知らないといい, 「主とはだれか 」と 言うことのないため, また 貧しくて 盜みをし, わたしの 神の 名を 汚すことのないためです.
  5. あなたは, しもべのことをその 主人に, あしざまにいってはならない, そうでないと 彼はあなたをのろい, あなたは をきせられる.
 
 
  1. 世には 父をのろったり, 母を 祝福しない 者がある.
  2. 世には 自分の 目にみずからを 淸い 者として, なおその 汚れを 洗われないものがある.
  3. 世にはまた, このような 人がある ――ああ, その 目のいかに 高きことよ, またそのまぶたのいかにつりあがっていることよ.
  4. 世にはまたつるぎのような 齒をもち, 刀のようなきばをもって, 貧しい 者を 地の 上から, 乏しい 者を 人の 中から 食い 滅ぼすものがある.
  5. 蛭にふたりの 娘があって, 「與えよ, 與えよ 」という. 飽くことを 知らないものが 三つある, いや, 四つあって, 皆「もう, たくさんです 」と 言わない.
 
 
  1. すなわち 陰府, 不妊の 胎, 水にかわく 地, 「もう, たくさんだ 」といわない 火がそれである.
  2. 自分の 父をあざけり, 母に 從うのを 卑しいこととする 目は, 谷のからすがこれをつつき 出し, はげたかがこれを 食べる.
  3. わたしにとって 不思議にたえないことが 三つある, いや, 四つあって, わたしには 悟ることができない.
  4. すなわち 空を 飛ぶはげたかの , 岩の 上を 這うへびの , 海をはしる 舟の , 男の 女にあう がそれである.
  5. 遊女の 道もまたそうだ, 彼女は 食べて, その 口をぬぐって, 「わたしは 何もわるいことはしない 」と 言う.
 
 
  1. 地は 三つのことによって 震う, いや, 四つのことによって, 耐えることができない.
  2. すなわち 奴隷たる 者が 王となり, 愚かな 者が 食物に 飽き,
  3. 忌みきらわれた 女が 嫁に 行き, はしためが 女主人のあとにすわることである.
  4. この 地上に, 小さいけれども, 非常に 賢いものが 四つある.
  5. ありは 力のない 種類だが, その 食糧を 夏のうちに 備える.
 
 
  1. 岩だぬきは 强くない 種類だが, その 家を 岩につくる.
  2. いなごは 王がないけれども, みな 隊を 組んでいで 立つ.
  3. やもりは 手でつかまえられるが, 王の 宮殿におる.
  4. 步きぶりの 堂¿たる 者が 三つある, いや, 四つあって, みな 堂¿と 步く.
  5. すなわち ¿のうちでもっとも 强く, 何ものの 前にも 退かない, しし,
 
 
  1. 尾を 立てて 步くおんどり, 雄やぎ, その 民の 前をいばって 步く 王がそれである.
  2. あなたがもし 愚かであって 自ら 高ぶり, あるいは 惡事を 計ったならば, あなたの 手を 口に 當てるがよい.
  3. 乳をしめれば 凝乳が 出る, 鼻をしめれば 血がでる, 怒りをしめれば 爭いが 起る.
 
   
  이전  1  . . . 24  25  26  27  28  29  30  31   다음  

장   대역
본 사이트에 사용한 「성경전서 개역개정판」/「성경전서 개역한글판」/「공동번역성서 개정판」/「성경전서 새번역」의
저작권은 재단법인 대한성서공회 소유이며, (사)순복음실업인선교연합회 IT선교회 간 약정에 의해
재단법인 대한성서공회 의 허락을 받고 사용하였음.

당 사이트에서 사용하는 컨텐츠에 대한 저작권을 가진 기관의 요청에 따라
모바일앱에서 당 사이트로의 어떤 형태의 연동/연결도 금지합니다..
양해 부탁 드립니다.

<서비스 문의: holybible.orkr@gmail.com >