다국어성경 HolyBible

성경 | 찬송가 | 일독성경 | 중국어성경 Simplified / Traditional | 아제르성경  
 
변경  개역개정 | 개역한글 | 공동번역 | 새번역 | 현대인의성경 | 新共同譯 | NIV | KJV | NASB | 新改譯 | 口語譯
대역  개역개정 | 개역한글 | 공동번역 | 새번역 | 현대인의성경 | 新共同譯 | NIV | KJV | NASB | 新改譯 | 口語譯
  
   
  이전  1  2  3  4  5  6   다음  
  작게   [font9]   크게  
エペソ人への手紙 5장 [口語譯]   
 
  1. こうして, あなたがたは, 神に 愛されている 子供として, 神にならう 者になりなさい.
  2. また 愛のうちを 步きなさい. キリスト もあなたがたを 愛して 下さって, わたしたちのために, ご 自身を, 神へのかんばしいかおりのささげ 物, また, いけにえとしてささげられたのである.
  3. また, 不品行といろいろな 汚れや ·欲などを, 聖徒にふさわしく, あなたがたの 間では, 口にすることさえしてはならない.
  4. また, 卑しい 言葉と 愚かな 話やみだらな 冗談を 避けなさい. これらは, よろしくない 事である. それよりは, むしろ 感謝をささげなさい.
  5. あなたがたは, よく 知っておかねばならない. すべて 不品行な 者, 汚れたことをする 者, ·欲な 者, すなわち, 偶像を 禮拜する 者は, キリスト と 神との 國をつぐことができない.
 
 
  1. あなたがたは, だれにも 不誠實な 言葉でだまされてはいけない. これらのことから, 神の 怒りは 不從順の 子らに 下るのである.
  2. だから, 彼らの 仲間になってはいけない.
  3. あなたがたは, 以前はやみであったが, 今は 主にあって 光となっている. 光の 子らしく 步きなさい ――
  4. 光はあらゆる 善意と 正義と 眞實との 實を 結ばせるものである ――
  5. 主に 喜ばれるものがなんであるかを, わきまえ 知りなさい.
 
 
  1. 實を 結ばないやみのわざに 加わらないで, むしろ, それを 指摘してやりなさい.
  2. 彼らが 隱れて 行っていることは, 口にするだけでも 恥ずかしい 事である.
  3. しかし, 光にさらされる 時, すべてのものは, 明らかになる.
  4. 明らかにされたものは 皆, 光となるのである. だから, こう 書いてある, /「眠っている 者よ, 起きなさい. 死人のなかから, 立ち 上がりなさい. そうすれば, キリスト があなたを 照すであろう 」.
  5. そこで, あなたがたの 步きかたによく 注意して, 賢くない 者のようにではなく, 賢い 者のように 步き,
 
 
  1. 今の 時を 生かして 用いなさい. 今は 惡い 時代なのである.
  2. だから, 愚かな 者にならないで, 主の 御旨がなんであるかを 悟りなさい.
  3. 酒に 醉ってはいけない. それは 亂行のもとである. むしろ 御に 滿たされて,
  4. 詩とさんびと とをもって 語り 合い, 主にむかって 心からさんびの をうたいなさい.
  5. そしてすべてのことにつき, いつも, わたしたちの 主 イエス · キリスト の 御名によって, 父なる 神に 感謝し,
 
 
  1. キリスト に 對する 恐れの 心をもって, 互に 仕え 合うべきである.
  2. 妻たる 者よ. 主に 仕えるように 自分の 夫に 仕えなさい.
  3. キリスト が 敎會のかしらであって, 自らは, からだなる 敎會救主であられるように, 夫は 妻のかしらである.
  4. そして 敎會が キリスト に 仕えるように, 妻もすべてのことにおいて, 夫に 仕えるべきである.
  5. 夫たる 者よ. キリスト が 敎會を 愛してそのためにご 自身をささげられたように, 妻を 愛しなさい.
 
 
  1. キリスト がそうなさったのは, 水で 洗うことにより, 言葉によって, 敎會をきよめて 聖なるものとするためであり,
  2. また, しみも, しわも, そのたぐいのものがいっさいなく, 淸くて 傷のない 榮光の 姿の 敎會を, ご 自分に 迎えるためである.
  3. それと 同じく, 夫も 自分の 妻を, 自分のからだのように 愛さねばならない. 自分の 妻を 愛する 者は, 自分自身を 愛するのである.
  4. 自分自身を 憎んだ 者は, いまだかつて, ひとりもいない. かえって, キリスト が 敎會になさったようにして, おのれを 育て 養うのが 常である.
  5. わたしたちは, キリスト のからだの 肢體なのである.
 
 
  1. 「それゆえに, 人は 父母を 離れてその 妻と 結ばれ, ふたりの 者は 一體となるべきである 」.
  2. この 奧義は 大きい. それは, キリスト と 敎會とをさしている.
  3. いずれにしても, あなたがたは, それぞれ, 自分の 妻を 自分自身のように 愛しなさい. 妻もまた 夫を 敬いなさい.
 
   
  이전  1  2  3  4  5  6   다음  

장   대역
본 사이트에 사용한 「성경전서 개역개정판」/「성경전서 개역한글판」/「공동번역성서 개정판」/「성경전서 새번역」의
저작권은 재단법인 대한성서공회 소유이며, (사)순복음실업인선교연합회 IT선교회 간 약정에 의해
재단법인 대한성서공회 의 허락을 받고 사용하였음.

당 사이트에서 사용하는 컨텐츠에 대한 저작권을 가진 기관의 요청에 따라
모바일앱에서 당 사이트로의 어떤 형태의 연동/연결도 금지합니다..
양해 부탁 드립니다.

<서비스 문의: holybible.orkr@gmail.com >