다국어성경 HolyBible
성경 | 성경 NIV | 성경 KJV | 성경 NASB | 찬송가 | 일독성경 | 중국어성경 Simplified / 중국어성경 Traditional | 아제르성경  
 
변경  개역개정 | 개역한글 | 공동번역 | 새번역 | 현대인의성경 | 新共同譯 | NIV | KJV | NASB | 新改譯 | 口語譯
대역  개역개정 | 개역한글 | 공동번역 | 새번역 | 현대인의성경 | 新共同譯 | NIV | KJV | NASB | 新改譯 | 口語譯
  작게   [font 9pt]   크게   
365 일독성경 2월 13일 (2)

 

마태복음 27:15-27:31

빌라도는 예수님의 죄를 발견하지 못했으나 유대인들의 폭동을 두려워하여 죄인 바라바를 놓아 주고 예수님을 십자가 죽음에 넘겨 주었다.
 
  십자가에 달리심(27:15-27:31)    
 
  1. ところで, 祭りの 度ごとに, 總督は 民衆の 希望する 囚人を 一人釋放することにしていた.
  2. そのころ, バラバ · イエス という 評判の 囚人がいた.
  3. ピラト は, 人¿が 集まって 來たときに 言った. 「どちらを 釋放してほしいのか. バラバ · イエス か. それとも メシア といわれる イエス か. 」
  4. 人¿が イエス を 引き 渡したのは, ねたみのためだと 分かっていたからである.
  5. 一方, ピラト が 裁判の 席に 着いているときに, 妻から 傳言があった. 「あの 正しい 人に 關係しないでください. その 人のことで, わたしは 昨夜, で 隨分苦しめられました. 」
  1. しかし, 祭司長たちや 長老たちは, バラバ を 釋放して, イエス を 死刑に 處してもらうようにと 群衆を 說得した.
  2. そこで, 總督が, 「二人のうち, どちらを 釋放してほしいのか 」と 言うと, 人¿は, 「バラバ を 」と 言った.
  3. ピラト が, 「では, メシア といわれている イエス の 方は, どうしたらよいか 」と 言うと, 皆は, 「十字架につけろ 」と 言った.
  4. ピラト は, 「いったいどんな 惡事を ¿いたというのか 」と 言ったが, 群衆はますます 激しく, 「十字架につけろ 」と 叫び 續けた.
  5. ピラト は, それ 以上言っても 無馱なばかりか, かえって ¿動が 起こりそうなのを 見て, 水を 持って 來させ, 群衆の 前で 手を 洗って 言った. 「この 人の 血について, わたしには 責任がない. お 前たちの 問題だ. 」
  1. 民はこぞって 答えた. 「その 血の 責任は, 我¿と 子孫にある. 」
  2. そこで, ピラト は バラバ を 釋放し, イエス を 鞭打ってから, 十字架につけるために 引き 渡した.
  3. それから, 總督の 兵士たちは, イエス を 總督官邸に 連れて 行き, 部隊の 全員を イエス の 周りに 集めた.
  4. そして, イエス の 着ている 物をはぎ 取り, 赤い 外套を 着せ,
  5. 茨で を 編んで 頭に 載せ, また, 右手に 葦の 棒を 持たせて, その 前にひざまずき, 「ユダヤ 人の 王, 万歲 」と 言って, 侮辱した.
  1. また, 唾を 吐きかけ, 葦の 棒を 取り 上げて 頭をたたき 續けた.
  2. このように イエス を 侮辱したあげく, 外套を 脫がせて 元の 服を 着せ, 十字架につけるために 引いて 行った.
 

  - 2월 13일 목록 -- 출애굽기 -- 마태복음 -- 시편 -- 설교 -- 예화 -  


장   대역


본 사이트에 사용한 「성경전서 개역개정판」/「성경전서 개역한글판」/「공동번역성서 개정판」/「성경전서 새번역」의
저작권은 재단법인 대한성서공회 소유이며, 홀리넷 간 약정에 의해
재단법인 대한성서공회 의 허락을 받고 사용하였음.

당 사이트에서 사용하는 컨텐츠에 대한 저작권을 가진 기관의 요청에 따라
모바일앱에서 당 사이트로의 어떤 형태의 연동/연결도 금지합니다..
양해 부탁 드립니다.

<서비스 문의: holybible.orkr@gmail.com >