다국어성경 HolyBible

성경 | 찬송가 | 일독성경 | 중국어성경 Simplified / Traditional | 아제르성경  
 
변경  개역개정 | 개역한글 | 공동번역 | 새번역 | 현대인의성경 | 新共同譯 | NIV | KJV | NASB | 新改譯 | 口語譯
대역  개역개정 | 개역한글 | 공동번역 | 새번역 | 현대인의성경 | 新共同譯 | NIV | KJV | NASB | 新改譯 | 口語譯
  작게   [font 9pt]   크게   
365 일독성경 9월 14일 (2)

 

갈라디아서

  본서는 이신득의(以信得義)라는 기독교의 기본 교리에서부터 성령으로 말미암는 성화의 삶에 이르기까지의 포괄적인 내용을 주제로 하고 있다.

  바울이 갈라디아 지방을 떠난 후, 율법주의자들이 갈라디아 교인들에게 잘못된 교리를 전하고 바울의 사도권을 부정하며 십자가의 도를 반대함으로써 복음의 본질을 왜곡시켰다. 이에 바울은 자신의 사도직을 변호하고, 여러 논증을 통해 율법의 열등함과 복음의 참목적을 밝히고 있다. 나아가 갈라디아 성도들에게 그리스도 안에서 자유를 누리되 이를 함부로 사용하지 말라고 권면하면서 바른 교리 위에서 선한 행위에 힘쓸 것을 당부하고 있다.

 

 

갈라디아서 1:1-1:24

바울은 자신이 이방인의 사도가 된 것은 예수님과 하나님으로 말미암은 것이라고 하였다. 그리고 자신이 전한 복음은 예수님의 계시에 의해 받은 것이라고 하면서 예수님의 계시로 말미암은 복음 외에 다른 복음을 전파하는 자는 저주를 받을 것이라고 경고하였다.
 
  사도가 된 바울(1:1-1:24)    
 
  1. 人¿からでもなく, 人を 通してでもなく, イエス · キリスト と, キリスト を 死者の 中から 復活させた 父である 神とによって 使徒とされた パウロ ,
  2. ならびに, わたしと 一緖にいる 兄弟一同から, ガラテヤ 地方の 諸敎會へ.
  3. わたしたちの 父である 神と, 主 イエス · キリスト の 惠みと 平和が, あなたがたにあるように.
  4. キリスト は, わたしたちの 神であり 父である 方の 御心に 從い, この 惡の 世からわたしたちを 救い 出そうとして, 御自身をわたしたちの 罪のために 獻げてくださったのです.
  5. わたしたちの 神であり 父である 方に 世¿限りなく 榮光がありますように, ア ― メン .
  1. キリスト の 惠みへ 招いてくださった 方から, あなたがたがこんなにも 早く 離れて, ほかの 福音に 乘り 換えようとしていることに, わたしはあきれ 果てています.
  2. ほかの 福音といっても, もう 一つ 別の 福音があるわけではなく, ある 人¿があなたがたを 惑わし, キリスト の 福音を 覆そうとしているにすぎないのです.
  3. しかし, たとえわたしたち 自身であれ, 天使であれ, わたしたちがあなたがたに 告げ 知らせたものに 反する 福音を 告げ 知らせようとするならば, 呪われるがよい.
  4. わたしたちが 前にも 言っておいたように, 今また, わたしは 繰り 返して 言います. あなたがたが 受けたものに 反する 福音を 告げ 知らせる 者がいれば, 呪われるがよい.
  5. こんなことを 言って, 今わたしは 人に 取り 入ろうとしているのでしょうか. それとも, 神に 取り 入ろうとしているのでしょうか. あるいは, 何とかして 人の 氣に 入ろうとあくせくしているのでしょうか. もし, 今なお 人の 氣に 入ろうとしているなら, わたしは キリスト の 僕ではありません.
  1. 兄弟たち, あなたがたにはっきり 言います. わたしが 告げ 知らせた 福音は, 人によるものではありません.
  2. わたしはこの 福音を 人から 受けたのでも 敎えられたのでもなく, イエス · キリスト の 啓示によって 知らされたのです.
  3. あなたがたは, わたしがかつて ユダヤ 敎徒としてどのようにふるまっていたかを 聞いています. わたしは, 徹底的に 神の 敎會を 迫害し, 滅ぼそうとしていました.
  4. また, 先祖からの 傳承を 守るのに 人一倍熱心で, 同胞の 間では 同じ 年ごろの 多くの 者よりも ユダヤ 敎に 徹しようとしていました.
  5. しかし, わたしを 母の 胎內にあるときから 選び 分け, 惠みによって 召し 出してくださった 神が, 御心のままに,
  1. 御子をわたしに 示して, その 福音を 異邦人に 告げ 知らせるようにされたとき, わたしは, すぐ 血肉に 相談するようなことはせず,
  2. また, エルサレム に 上って, わたしより 先に 使徒として 召された 人たちのもとに 行くこともせず, アラビア に 退いて, そこから 再び ダマスコ に 戾ったのでした.
  3. それから 三年後, ケファ と 知り 合いになろうとして エルサレム に 上り, 十五日間彼のもとに 滯在しましたが,
  4. ほかの 使徒にはだれにも 會わず, ただ 主の 兄弟 ヤコブ にだけ 會いました.
  5. わたしがこのように 書いていることは, 神の 御前で 斷言しますが, うそをついているのではありません.
  1. その 後, わたしは シリア および キリキア の 地方へ 行きました.
  2. キリスト に 結ばれている ユダヤ の 諸敎會の 人¿とは, 顔見知りではありませんでした.
  3. ただ 彼らは, 「かつて 我¿を 迫害した 者が, あの 當時滅ぼそうとしていた 信仰を, 今は 福音として 告げ 知らせている 」と 聞いて,
  4. わたしのことで 神をほめたたえておりました.
 

  - 9월 14일 목록 -- 이사야 -- 갈라디아서 -- 시편 -- 설교 -- 예화 -- 특주 -  


장   대역
본 사이트에 사용한 「성경전서 개역개정판」/「성경전서 개역한글판」/「공동번역성서 개정판」/「성경전서 새번역」의
저작권은 재단법인 대한성서공회 소유이며, (사)순복음실업인선교연합회 IT선교회 간 약정에 의해
재단법인 대한성서공회 의 허락을 받고 사용하였음.

당 사이트에서 사용하는 컨텐츠에 대한 저작권을 가진 기관의 요청에 따라
모바일앱에서 당 사이트로의 어떤 형태의 연동/연결도 금지합니다.
양해 부탁 드립니다.

<서비스 문의: holybible.orkr@gmail.com >