다국어성경 HolyBible
성경 | 성경 NIV | 성경 KJV | 성경 NASB | 찬송가 | 일독성경 | 중국어성경 Simplified / 중국어성경 Traditional | 아제르성경  
 
변경  개역개정 | 개역한글 | 공동번역 | 새번역 | 현대인의성경 | 新共同譯 | NIV | KJV | NASB | 新改譯 | 口語譯
대역  개역개정 | 개역한글 | 공동번역 | 새번역 | 현대인의성경 | 新共同譯 | NIV | KJV | NASB | 新改譯 | 口語譯
  작게   [font 9pt]   크게   
365 일독성경 12월 29일 (2)

 

요한계시록 20:1-20:15

부활한 성도들은 그리스도와 함께 천 년 동안 왕 노릇하고, 사단은 잡혀 불못에 던져지고, 죽은 자들은 자기 행위에 따라 심판을 받게 될 것이 계시되었다.
 
  천년 왕국(20:1-20:15)    
 
  1. わたしはまた, 一人の 天使が, 底なしの 淵の 鍵と 大きな 鎖とを 手にして, 天から 降って 來るのを 見た.
  2. この 天使は, 惡魔でも サタン でもある, 年を たあの 蛇, つまり 龍を 取り 押さえ, 千年の 間縛っておき,
  3. 底なしの 淵に 投げ 入れ, 鍵をかけ, その 上に 封印を 施して, 千年が 終わるまで, もうそれ 以上, 諸國の 民を 惑わさないようにした. その 後で, 龍はしばらくの 間, 解放されるはずである.
  4. わたしはまた, 多くの 座を 見た. その 上には 座っている 者たちがおり, 彼らには 裁くことが 許されていた. わたしはまた, イエス の 證しと 神の 言葉のために, 首をはねられた 者たちの 魂を 見た. この 者たちは, あの ¿もその 像も 拜まず, 額や 手に ¿の 刻印を 受けなかった. 彼らは 生き 返って, キリスト と 共に 千年の 間統治した.
  5. その 他の 死者は, 千年たつまで 生き 返らなかった. これが 第一の 復活である.
  1. 第一の 復活にあずかる 者は, 幸いな 者, 聖なる 者である. この 者たちに 對して, 第二の 死は 何の 力もない. 彼らは 神と キリスト の 祭司となって, 千年の 間 キリスト と 共に 統治する.
  2. この 千年が 終わると, サタン はその 牢から 解放され,
  3. 地上の 四方にいる 諸國の 民, ゴグ と マゴグ を 惑わそうとして 出て 行き, 彼らを 集めて 戰わせようとする. その 數は 海の 砂のように 多い.
  4. 彼らは 地上の 廣い 場所に 攻め 上って 行って, 聖なる 者たちの 陣營と, 愛された 都とを 圍んだ. すると, 天から 火が 下って 來て, 彼らを 燒き 盡くした.
  5. そして 彼らを 惑わした 惡魔は, 火と 硫黃の 池に 投げ ¿まれた. そこにはあの ¿と 僞預言者がいる. そして, この 者どもは ¿も 夜も 世¿限りなく 責めさいなまれる.
  1. わたしはまた, 大きな 白い 玉座と, そこに 座っておられる 方とを 見た. 天も 地も, その 御前から 逃げて 行き, 行方が 分からなくなった.
  2. わたしはまた, 死者たちが, 大きな 者も 小さな 者も, 玉座の 前に 立っているのを 見た. 幾つかの 書物が 開かれたが, もう 一つの 書物も 開かれた. それは 命の 書である. 死者たちは, これらの 書物に 書かれていることに 基づき, 彼らの 行いに 應じて 裁かれた.
  3. 海は, その 中にいた 死者を 外に 出した. 死と 陰府も, その 中にいた 死者を 出し, 彼らはそれぞれ 自分の 行いに 應じて 裁かれた.
  4. 死も 陰府も 火の 池に 投げ ¿まれた. この 火の 池が 第二の 死である.
  5. その 名が 命の 書に 記されていない 者は, 火の 池に 投げ ¿まれた.
 

  - 12월 29일 목록 -- 스가랴 -- 요한계시록 -- 잠언 -- 설교 -- 예화 -  


장   대역


본 사이트에 사용한 「성경전서 개역개정판」/「성경전서 개역한글판」/「공동번역성서 개정판」/「성경전서 새번역」의
저작권은 재단법인 대한성서공회 소유이며, 홀리넷 간 약정에 의해
재단법인 대한성서공회 의 허락을 받고 사용하였음.

당 사이트에서 사용하는 컨텐츠에 대한 저작권을 가진 기관의 요청에 따라
모바일앱에서 당 사이트로의 어떤 형태의 연동/연결도 금지합니다..
양해 부탁 드립니다.

<서비스 문의: holybible.orkr@gmail.com >