다국어성경 HolyBible
성경 | 성경 NIV | 성경 KJV | 성경 NASB | 찬송가 | 일독성경 | 중국어성경 Simplified / 중국어성경 Traditional | 아제르성경  
 
변경  개역개정 | 개역한글 | 공동번역 | 새번역 | 현대인의성경 | 新共同譯 | NIV | KJV | NASB | 新改譯 | 口語譯
대역  개역개정 | 개역한글 | 공동번역 | 새번역 | 현대인의성경 | 新共同譯 | NIV | KJV | NASB | 新改譯 | 口語譯
  작게   [font 9pt]   크게   
365 일독성경 9월 11일 (2)

 

고린도후서 12:1-12:10

바울은 자신이 실제로 체험한 환상과 계시에 대하여 말했다. 그리고 자고해질 것을 방지하기 위해 하나님께서 자신의 육체에 사단의 가시를 주셨다고 고백하였다.
 
  바울의 가시(12:1-12:10)    
 
  1. 無益なことですが, 誇るのもやむをえないことです. 私は 主の 幻と 啓示のことを 話しましょう.
  2. 私は キリスト にあるひとりの 人を 知っています. この 人は 十四年前に ··肉體のままであったか, 私は 知りません. 肉體を 離れてであったか, それも 知りません. 神はご 存じです. ··第三の 天にまで 引き 上げられました.
  3. 私はこの 人が, ··それが 肉體のままであったか, 肉體を 離れてであったかは 知りません. 神はご 存じです. ··
  4. パラダイス に 引き 上げられて, 人間には 語ることを 許されていない, 口に 出すことのできないことばを 聞いたことを 知っています.
  5. このような 人について 私は 誇るのです. しかし, 私自身については, 自分の 弱さ 以外には 誇りません.
  1. わたしは 誇らざるを 得ないので, 無益ではあろうが, 主のまぼろしと 啓示とについて 語ろう.
  2. わたしは キリスト にあるひとりの 人を 知っている. この 人は 十四年前に 第三の 天にまで 引き 上げられた ――それが, からだのままであったか, わたしは 知らない. からだを 離れてであったか, それも 知らない. 神がご 存じである.
  3. この 人が ――それが, からだのままであったか, からだを 離れてであったか, わたしは 知らない. 神がご 存じである ――
  4. パラダイス に 引き 上げられ, そして 口に 言い 表わせない, 人間が 語ってはならない 言葉を 聞いたのを, わたしは 知っている.
  5. わたしはこういう 人について 誇ろう. しかし, わたし 自身については, 自分の 弱さ 以外には 誇ることをすまい.
  1. たとい 私が 誇りたいと 思ったとしても, 愚か 者にはなりません. 眞實のことを 話すのだからです. しかし, 誇ることは 控えましょう. 私について 見ること, 私から 聞くこと 以上に, 人が 私を 過大に 評價するといけないからです.
  2. また, その 啓示があまりにもすばらしいからです. そのために 私は, 高ぶることのないようにと, 肉體に 一つのとげを 與えられました. それは 私が 高ぶることのないように, 私を 打つための, サタン の 使いです.
  3. このことについては, これを 私から 去らせてくださるようにと, 三度も 主に 願いました.
  4. しかし, 主は, 「わたしの 惠みは, あなたに 十分である. というのは, わたしの 力は, 弱さのうちに 完全に 現われるからである. 」と 言われたのです. ですから, 私は, キリスト の 力が 私をおおうために, むしろ 大いに 喜んで 私の 弱さを 誇りましょう.
  5. ですから, 私は, キリスト のために, 弱さ, 侮辱, 苦痛, 迫害, 困難に 甘んじています. なぜなら, 私が 弱いときにこそ, 私は 强いからです.
  1. もっとも, わたしが 誇ろうとすれば, ほんとうの 事を 言うのだから, 愚か 者にはならないだろう. しかし, それはさし 控えよう. わたしがすぐれた 啓示を 受けているので, わたしについて 見たり 聞いたりしている 以上に, 人に 買いかぶられるかも 知れないから.
  2. そこで, 高慢にならないように, わたしの 肉體に 一つのとげが 與えられた. それは, 高慢にならないように, わたしを 打つ サタン の 使なのである.
  3. このことについて, わたしは 彼を 離れ 去らせて 下さるようにと, 三度も 主に 祈った.
  4. ところが, 主が 言われた, 「わたしの 惠みはあなたに 對して 十分である. わたしの 力は 弱いところに 完全にあらわれる 」. それだから, キリスト の 力がわたしに 宿るように, むしろ, 喜んで 自分の 弱さを 誇ろう.
  5. だから, わたしは キリスト のためならば, 弱さと, 侮辱と, 危機と, 迫害と, 行き 詰まりとに 甘んじよう. なぜなら, わたしが 弱い 時にこそ, わたしは 强いからである.
 

  - 9월 11일 목록 -- 전도서 -- 고린도후서 -- 시편 -- 설교 -- 예화 -  


장   대역

본 사이트에 사용한 「성경전서 개역개정판」/「성경전서 개역한글판」/「공동번역성서 개정판」/「성경전서 새번역」의
저작권은 재단법인 대한성서공회 소유이며, (사)순복음실업인선교연합회 IT선교회 간 약정에 의해
재단법인 대한성서공회 의 허락을 받고 사용하였음.

당 사이트에서 사용하는 컨텐츠에 대한 저작권을 가진 기관의 요청에 따라
모바일앱에서 당 사이트로의 어떤 형태의 연동/연결도 금지합니다..
양해 부탁 드립니다.

<서비스 문의: holybible.orkr@gmail.com >