다국어성경 HolyBible

성경 | 찬송가 | 일독성경 | 중국어성경 Simplified / Traditional | 아제르성경  
 
변경  개역개정 | 개역한글 | 공동번역 | 새번역 | 현대인의성경 | 新共同譯 | NIV | KJV | NASB | 新改譯 | 口語譯
대역  개역개정 | 개역한글 | 공동번역 | 새번역 | 현대인의성경 | 新共同譯 | NIV | KJV | NASB | 新改譯 | 口語譯
  작게   [font 9pt]   크게   
365 일독성경 9월 14일 (2)

 

갈라디아서

  본서는 이신득의(以信得義)라는 기독교의 기본 교리에서부터 성령으로 말미암는 성화의 삶에 이르기까지의 포괄적인 내용을 주제로 하고 있다.

  바울이 갈라디아 지방을 떠난 후, 율법주의자들이 갈라디아 교인들에게 잘못된 교리를 전하고 바울의 사도권을 부정하며 십자가의 도를 반대함으로써 복음의 본질을 왜곡시켰다. 이에 바울은 자신의 사도직을 변호하고, 여러 논증을 통해 율법의 열등함과 복음의 참목적을 밝히고 있다. 나아가 갈라디아 성도들에게 그리스도 안에서 자유를 누리되 이를 함부로 사용하지 말라고 권면하면서 바른 교리 위에서 선한 행위에 힘쓸 것을 당부하고 있다.

 

 

갈라디아서 1:1-1:24

바울은 자신이 이방인의 사도가 된 것은 예수님과 하나님으로 말미암은 것이라고 하였다. 그리고 자신이 전한 복음은 예수님의 계시에 의해 받은 것이라고 하면서 예수님의 계시로 말미암은 복음 외에 다른 복음을 전파하는 자는 저주를 받을 것이라고 경고하였다.
 
  사도가 된 바울(1:1-1:24)    
 
  1. 使徒となった パウロ ··私が 使徒となったのは, 人間から 出たことでなく, また 人間の 手を 通したことでもなく, イエス · キリスト と, キリスト を 死者の 中からよみがえらせた 父なる 神によったのです. ··
  2. および 私とともにいるすべての 兄弟たちから, ガラテヤ の 諸敎會へ.
  3. どうか, 私たちの 父なる 神と 主 イエス · キリスト から, 惠みと 平安があなたがたの 上にありますように.
  4. キリスト は, 今の 惡の 世界から 私たちを 救い 出そうとして, 私たちの 罪のためにご 自身をお 捨てになりました. 私たちの 神であり 父である 方のみこころによったのです.
  5. どうか, この 神に 榮光がとこしえにありますように. ア ― メン .
  1. 私は, キリスト の 惠みをもってあなたがたを 召してくださったその 方を, あなたがたがそんなにも 急に 見捨てて, ほかの 福音に 移って 行くのに 驚いています.
  2. ほかの 福音といっても, もう 一つ 別に 福音があるのではありません. あなたがたをかき 亂す 者たちがいて, キリスト の 福音を 變えてしまおうとしているだけです.
  3. しかし, 私たちであろうと, 天の 御使いであろうと, もし 私たちが 宣べ 傳えた 福音に 反することをあなたがたに 宣べ 傳えるなら, その 者はのろわれるべきです.
  4. 私たちが 前に 言ったように, 今もう 一度私は 言います. もしだれかが, あなたがたの 受けた 福音に 反することを, あなたがたに 宣べ 傳えているなら, その 者はのろわれるべきです.
  5. いま 私は 人に 取り 入ろうとしているのでしょうか. いや. 神に, でしょう. あるいはまた, 人の 歡心を 買おうと 努めているのでしょうか. もし 私がいまなお 人の 歡心を 買おうとするようなら, 私は キリスト のしもべとは 言えません.
  1. 兄弟たちよ. 私はあなたがたに 知らせましょう. 私が 宣べ 傳えた 福音は, 人間によるものではありません.
  2. 私はそれを 人間からは 受けなかったし, また 敎えられもしませんでした. ただ イエス · キリスト の 啓示によって 受けたのです.
  3. 以前 ユダヤ 敎徒であったころの 私の 行動は, あなたがたがすでに 聞いているところです. 私は 激しく 神の 敎會を 迫害し, これを 滅ぼそうとしました.
  4. また 私は, 自分と 同族で 同年輩の 多くの 者たちに 比べ, はるかに ユダヤ 敎に 進んでおり, 先祖からの 傳承に 人一倍熱心でした.
  5. けれども, 生まれたときから 私を 選び 分け, 惠みをもって 召してくださった 方が,
  1. 異邦人の 間に 御子を 宣べ 傳えさせるために, 御子を 私のうちに 啓示することをよしとされたとき, 私はすぐに, 人には 相談せず,
  2. 先輩の 使徒たちに 會うために エルサレム にも 上らず, アラビヤ に 出て 行き, また ダマスコ に 戾りました.
  3. それから 三年後に, 私は ケパ をたずねて エルサレム に 上り, 彼のもとに 十五日間滯在しました.
  4. しかし, 主の 兄弟 ヤコブ は 別として, ほかの 使徒にはだれにも 會いませんでした.
  5. 私があなたがたに 書いていることには, 神の 御前で 申しますが, 僞りはありません.
  1. それから, 私は シリヤ および キリキヤ の 地方に 行きました.
  2. しかし, キリスト にある ユダヤ の 諸敎會には 顔を 知られていませんでした.
  3. けれども, 「以前私たちを 迫害した 者が, そのとき 滅ぼそうとした 信仰を 今は 宣べ 傳えている. 」と 聞いてだけはいたので,
  4. 彼らは 私のことで 神をあがめていました.
 

  - 9월 14일 목록 -- 이사야 -- 갈라디아서 -- 시편 -- 설교 -- 예화 -- 특주 -  


장   대역
본 사이트에 사용한 「성경전서 개역개정판」/「성경전서 개역한글판」/「공동번역성서 개정판」/「성경전서 새번역」의
저작권은 재단법인 대한성서공회 소유이며, (사)순복음실업인선교연합회 IT선교회 간 약정에 의해
재단법인 대한성서공회 의 허락을 받고 사용하였음.

당 사이트에서 사용하는 컨텐츠에 대한 저작권을 가진 기관의 요청에 따라
모바일앱에서 당 사이트로의 어떤 형태의 연동/연결도 금지합니다.
양해 부탁 드립니다.

<서비스 문의: holybible.orkr@gmail.com >