다국어성경 HolyBible
성경 | 성경 NIV | 성경 KJV | 성경 NASB | 찬송가 | 일독성경 | 중국어성경 Simplified / 중국어성경 Traditional | 아제르성경  
 
변경  개역개정 | 개역한글 | 공동번역 | 새번역 | 현대인의성경 | 新共同譯 | NIV | KJV | NASB | 新改譯 | 口語譯
대역  개역개정 | 개역한글 | 공동번역 | 새번역 | 현대인의성경 | 新共同譯 | NIV | KJV | NASB | 新改譯 | 口語譯
  작게   [font 9pt]   크게   
365 일독성경 10월 18일 (1)

 

예레미야 19:1-21:14

하나님께서는 오지병을 깨뜨리는 비유를 통해 하나님의 훈계와 교훈을 멸시한 유다의 파멸이 확정적임을 보여 주셨다. 예레미야가 성전에 올라가 이러한 심판의 메시지를 선포하자 성전의 책임자였던 바스훌이 그를 핍박하였다. 이에 예레미야는 자신의 심정을 하나님께 토로하며 탄식하였다. 그 후 바벨론이 침입하여 위기에 처하자 시드기야 왕은 예레미야에게 기도를 부탁했지만, 예레미야는 바벨론에게 항복할 것을 권유하였다.
 
  심판 선포(19:1-19:15)    
 
  1. 主はこう 仰せられる. 「行って, 土の 燒き 物のびんを 買い, 民の 長老と 年長の 祭司のうちの 數人といっしょに,
  2. 『瀨戶のかけらの 門 』の 入口にある ベン · ヒノム の 谷に 出かけ, そこで, わたしがあなたに 語ることばを 呼ばわって,
  3. 言え. 『ユダ の 王たちと エルサレム の 住民よ. 主のことばを 聞け. イスラエル の 神, 万軍の 主は, こう 仰せられる. 見よ. わたしはこの 所にわざわいをもたらす. だれでも, そのことを 聞く 者は, 耳鳴りがする.
  4. 彼らがわたしを 솖林岐幾 僚 깻· ㅺㄱ ㆀ웩 ㅬ溥 ㄲ匹砲掘△ 僚 꿨爻 ㅦ亶 眸爐 寮菫 쟁─ 豕 멜┹샵쿼륀움邙醫 覆 ㆂ辰 랙 ㅧ夔 Ο 蒜 ㅺㆈ珊 ㅲ金 ⓔⓧ 嵩術 僚 끌隕 里覆 쇨侶 벅咫 ㆅ록臂
  5. バアル のために 自分の 子どもたちを 全燒のいけにえとして 火で 燒くため, バアル の 高き 所を 築いたからである. このような 事は, わたしが 命じたこともなく, 語ったこともなく, 思いつきもしなかったことだ.
  1. それゆえ, 見よ, その が 來る. ··主の 御告げ. ··その には, この 所はもはや, トフェテ とか ベン · ヒノム の 谷とか 呼ばれない. ただ 虐殺の 谷と 呼ばれる.
  2. また, わたしはこの 所で, ユダ と エルサレム のはかりごとをこぼち, 彼らを 敵の 前で, 劍で 倒し, またいのちをねらう 者の 手によって 倒し, そのしかばねを, 空の 鳥や 地の ¿にえじきとして 與える.
  3. また, わたしはこの 町を 恐怖とし, あざけりとする. そこを 通り 過ぎる 者はみな, 色を 失い, そのすべての 打ち 傷を 見てあざける.
  4. またわたしは, 包圍と, 彼らの 敵, いのちをねらう 者がもたらす 窮乏のために, 彼らに 自分の 息子の 肉, 娘の 肉を 食べさせる. 彼らは 互いにその 友の 肉を 食べ 合う. 』
  5. そこであなたは, 同行の 人¿の 目の 前で, そのびんを ¿いて,
  1. 彼らに 言え. 『万軍の 主はこう 仰せられる. 陶器師の 器が ¿かれると, 二度と 直すことができない. このように, わたしはこの 民と, この 町を ¿く. 人¿は トフェテ に 葬る 余地がないほどに 葬る.
  2. わたしはこの 所と, ··主の 御告げ. ··その 住民にこうしよう. わたしはこの 町を トフェテ のようにする.
  3. エルサレム の 家¿と ユダ の 王の 家¿, すなわち, 彼らが 屋上で 天の 万象に 香をたき, ほかの 神¿に 注ぎのぶどう 酒を 注いだすべての 家¿は, トフェテ の 地のように 汚される. 』」
  4. そこで エレミヤ は, 主が 預言のために 遣わした トフェテ から 歸って 來て, 主の 宮の 庭に 立ち, すべての 民に 言った.
  5. 「イスラエル の 神, 万軍の 主は, こう 仰せられる. 『見よ. わたしはこの 町と, すべての 町¿に, わたしが 告げたすべてのわざわいをもたらす. 彼らがうなじのこわい 者となって, わたしのことばに 聞き 從おうとしなかったからである. 』」
 
  핍박받는 예레미야(20:1-20:18)    
 
  1. 祭司であり, 主の 宮のつかさ, 監督者である イメル の 子 パシュフル は, エレミヤ がこれらのことばを 預言するのを 聞いた.
  2. パシュフル は, 預言者 エレミヤ を 打ち, 彼を 主の 宮にある 上の ベニヤミン の 門にある 足かせにつないだ.
  3. になって, パシュフル が エレミヤ を 足かせから 解いたとき, エレミヤ は 彼に 言った. 「主はあなたの 名を パシュフル ではなくて, 『恐れが 回りにある 』と 呼ばれる.
  4. まことに 主がこう 仰せられる. 『見よ. わたしはあなたを, あなた 自身とあなたの 愛するすべての 者への 恐れとする. 彼らは, あなたの 目の 見る 所で, 敵の 劍に 倒れる. また, わたしは ユダ の 人全部を バビロン の 王の 手に 渡す. 彼は 彼らを バビロン へ 引いて 行き, 劍で 打ち 殺す.
  5. また, わたしはこの 町のすべての 富と, すべての 勤勞の 實と, すべての 寶を 渡し, また ユダ の 王たちの 財寶を 敵の 手に 渡す. 彼らはそれをかすめ 奪い, 略奪し, バビロン へ 運ぶ.
  1. パシュフル よ. あなたとあなたの 家に 住むすべての 者は, とりことなって, バビロン に 行き, そこで 死に, そこで 葬られる. あなたも, あなたが 僞りの 預言をした 相手の, あなたの 愛するすべての 人も. 』」
  2. 主よ. あなたが 私を 惑わしたので, 私はあなたに 惑わされました. あなたは 私をつかみ, 私を 思いのままにしました. 私は 一中, 物笑いとなり, みなが 私をあざけります.
  3. 私は, 語るごとに, わめき, 「暴虐だ. 暴行だ. 」と 叫ばなければなりません. 私への 主のみことばが, 一中, そしりとなり, 笑いぐさとなるのです.
  4. 私は, 「主のことばを 宣べ 傳えまい. もう 主の 名で 語るまい. 」と 思いましたが, 主のみことばは 私の 心のうちで, 骨の 中に 閉じ ¿められて 燃えさかる 火のようになり, 私はうちにしまっておくのに 疲れて 耐えられません.
  5. 私が 多くの 人のささやきを 聞いたからです. 「恐れが 回りにあるぞ. 訴えよ. われわれもあいつを 訴えよう. 」私の 親しい 者もみな, 私のつまずくのを 待ちもうけています. 「たぶん, 彼は 惑わされるから, われわれが 彼に 勝って, 復讐してやろう. 」と.
  1. しかし, 主は 私とともにあって, 橫暴な 勇士のようです. ですから, 私を 追う 者たちは, つまずいて, 勝つことはできません. 彼らは 成功しないので, 大いに 恥をかき, それが 忘れられない 永久の 恥となりましょう.
  2. 正しい 者を 調べ, 思いと 心を 見ておられる 万軍の 主よ. あなたが 彼らに 復讐されるのを 私に 見せてください. あなたに 私の 訴えを 打ち 明けたのですから.
  3. 主に 向かって い, 主をほめたたえよ. 主が 貧しい 者のいのちを, 惡を 行なう 者どもの 手から 救い 出されたからだ.
  4. 私の 生まれた は, のろわれよ. 母が 私を 産んだその は, 祝福されるな.
  5. 私の 父に, 「あなたに 男の 子が 生まれた. 」と 言って 傳え, 彼を 大いに 喜ばせた 人は, のろわれよ.
  1. その 人は, 主がくつがえして 悔いない 町¿のようになれ. 朝には 彼に 叫びを 聞かせ, 眞¿にはときの 聲を 聞かせよ.
  2. 彼は, 私が 胎內にいるとき, 私を 殺さず, 私の 母を 私の 墓とせず, 彼女の 胎を, 永久にみごもったままにしておかなかったのだから.
  3. なぜ, 私は 勞苦と 苦惱に 會うために 胎を 出たのか. 私の 一生は 恥のうちに 終わるのか.
 
  멸망당할 유다(21:1-21:14)    
 
  1. 主から エレミヤ にあったみことば. ゼデキヤ 王は, マルキヤ の 子 パシュフル と, マアセヤ の 子, 祭司 ゼパニヤ を エレミヤ のもとに 遣わしてこう 言わせた.
  2. 「どうか, 私たちのために 主に 尋ねてください. バビロン の 王 ネブカデレザル が 私たちを 攻めています. 主がかつて, あらゆる 奇しいみわざを 行なわれたように, 私たちにも 行ない, 彼を 私たちから 離れ 去らせてくださるかもしれませんから. 」
  3. エレミヤ は 彼らに 言った. 「あなたがたは, ゼデキヤ にこう 言いなさい.
  4. イスラエル の 神, 主は, こう 仰せられる. 『見よ. あなたがたは, 城壁の 外からあなたがたを 圍んでいる バビロン の 王と カルデヤ 人とに 向かって 戰っているが, わたしは, あなたがたの 手にしている 武具を 取り 返して, それをこの 町の 中に 集め,
  5. わたし 自身が, 伸ばした 手と 强い 腕と, 怒りと, 憤りと, 激怒とをもって, あなたがたと 戰い,
  1. この 町に 住むものは, 人間も ¿も 打ち, 彼らはひどい 疫病で 死ぬ.
  2. そのあとで, ··主の 御告げ. ··わたしは ユダ の 王 ゼデキヤ と, その 家來と, その 民と, この 町で, 疫病や 劍やききんからのがれて 生き 殘った 者たちとを, バビロン の 王 ネブカデレザル の 手, 敵の 手, いのちをねらう 者たちの 手に 渡す. 彼は 彼らを 劍の 刃で 打ち, 彼らを 惜しまず, 容赦せず, あわれまない. 』」
  3. 「あなたは, この 民に 言え. 主はこう 仰せられる. 『見よ. わたしはあなたがたの 前に, いのちの と 死の を 置く.
  4. この 町にとどまる 者は, 劍とききんと 疫病によって 死ぬが, 出て, あなたがたを 圍んでいる カルデヤ 人にくだる 者は, 生きて, そのいのちは 彼の 分捕り 物となる.
  5. なぜならわたしは, 幸いのためにではなく, わざわいのためにこの 町から 顔をそむけるからである. ··主の 御告げ. ··この 町は, バビロン の 王の 手に 渡され, 彼はこれを 火で 燒くであろう. 』」
  1. ユダ の 王家のために. ··「主のことばを 聞け.
  2. ダビデ の 家よ. 主はこう 仰せられる. 朝ごとに, 正しいさばきを 行ない, かすめられている 者を, しいたげる 者の 手から 救い 出せ. さもないと, あなたがたの 惡行のために, わたしの 憤りが 火のように 燃えて 燒き 盡くし, 消す 者はいない. 」
  3. 「ああ, この 谷に 住む 者, 平地の 岩よ. あなたに 言う. ··主の 御告げ. ··あなたがたは, 『だれが, 私たちのところに 下って 來よう. だれが, 私たちの 住まいにはいれよう. 』と 言っている.
  4. わたしはあなたがたを, その 行ないの 實にしたがって 罰する. ··主の 御告げ. ··また, わたしは, その 林に 火をつける. 火はその 周邊をことごとく 燒き 盡くす. 」
 
  오지병( 19:1)  목이 좁은 물병  
  유사장(有司長, 20:1)  백성의 일을 맡아 보는 사람의 우두머리  

  - 10월 18일 목록 -- 예레미야 -- 디모데전서 -- 잠언 -- 설교 -- 예화 -- 특주 -  


장   대역

본 사이트에 사용한 「성경전서 개역개정판」/「성경전서 개역한글판」/「공동번역성서 개정판」/「성경전서 새번역」의
저작권은 재단법인 대한성서공회 소유이며, (사)순복음실업인선교연합회 IT선교회 간 약정에 의해
재단법인 대한성서공회 의 허락을 받고 사용하였음.

당 사이트에서 사용하는 컨텐츠에 대한 저작권을 가진 기관의 요청에 따라
모바일앱에서 당 사이트로의 어떤 형태의 연동/연결도 금지합니다..
양해 부탁 드립니다.

<서비스 문의: holybible.orkr@gmail.com >